英検準1級 TOEIC900

マッスル・イングリッシュ・プログラム/英語と筋肉の関係

夏目雅浩のマッスル・イングリッシュ・プログラムが今とても注目を集めています。
何でもたった28日で英検準1級を取得し、TOEICでは920点も獲得したすごい方法らしいんですよ。
しかも今までのような勉強方法ではなく、脳の筋肉に英語を叩き込むような感じらしいのです。
これはとっても気になりますよね。

>> 今までの常識を覆した勉強法の一部がココで公開






一般的に日本語を話す筋肉と英語を話す筋肉は全く違います。
つまり、英語を話そうと勉強しても英語を話せる筋肉がないと全く喋れないということなんですよ。

このプログラムでは、英語を話す筋肉を感覚的に身に付けるということに注目しています。
そして結果として英語が話せるようになるみたいなんです。

私も実際に挑戦してみましたが、1日30分筋肉を鍛えるだけ
本当にだんだんと英語がらくに話せるようになり、
今では何も考えていなくても英語がスラスラ出てくるようになりました。

夏目雅浩のマッスル・イングリッシュ・プログラムは今、英語を話したい人には必須の方法といえるでしょう。
普通の勉強ではなかなか身に付かないものがこのプログラムで身に付きますよ。




家庭用ゲーム